回転版画

回転版画

小学生を対象に『回転版画』を実施。使用したのはシナベニヤ18cm正方形、4mm厚。サンテック障子紙。
彫刻刀を使うのは初めてなので、使い方と注意点(刀の前に手を置かない事など)を話した後に試し彫り。90度で三回(三色)回転する刷り方をサンプルなどで説明。理解後に鉛筆下絵と彫りへ。初めてなので苦戦していましたが、次第に馴れて楽しく取り組みました。

一通り終わった生徒から試し摺り。最初は青で。バレンよりも手で摺ったほうが強弱が出ていい感じ。試しで足りないところなどを追加彫り。以降、黄、赤を回転して摺りあげる。各自5枚づつ制作。特にシンメトリー絵柄は方向が判りにくくなるので版木の裏面に印を付けて行う。

各自レイアウトが個性的になり、生徒達の反応も良く応用がある取り組みだと感じた。次は凸版で試してみたい。

ホーム > タグ > 回転版画

Search
Feeds

ページトップへ