北川民次

北川民次そして久保貞次郎

こども造形に取り組み始めたこともあり、これまで深く触れる事のなかったフレーベル、ジャン・ピアジェ、ペスタロッチー、フランツ・チゼックなどの書物を繙いていたところ「絵を描く子供たち–メキシコの思いで–」(岩波新書)に出会しました。北川民次著、1930年頃にメキシコでの野外美術学校の格闘を記したものです。
なぜ自分がこども造形をやるのか。そもそもの契機はすでに述べましたが、その根源的な思いに偶然にも出くわしました。ある意味衝撃です。
現実主義偏重の世界、モノを見る力の低落、闘争心の希薄さ等々、今後の日本がダメにならない、その手立てとして「未来のおとな」を育てる。そう信じるからこそ始めたことに、80年も前から取り組んでいた彼の心眼に触れ、驚きと共感。
それをきっかけに、論文、講演、対談集などを纏めた「北川民次美術教育論集」(創風社)を一気に読破。30年代から60年代後半までのそれらを収めているため、戦中の混沌、戦後美術教育の転換、民主教育改革というイデオロギーや安保騒動などが時代背景にあり、多少差し引く必要もあるでしょうが、今でも十分に通じる表現や情熱を感じ取れます。
幾つか、紹介を。
まず、伝統について。1969年のラジオ対談より。
彼はプリミティブヘリテッジの重要性を説いている。大阪万博で文明の進化が叫ばれている、そんな当時の言。
「私どもの心の底に流れている深層心理、すなわち原始人からずっとつながったところの一つの感覚といったもの、それを伝統と呼ぶ人はありませんけど、これこそ本物であって、われわれが常に伝統と名づけているようなもの、たとえば徳川時代や戦国時代から受け継いだ伝統といったようなものは極めて底が浅い。本当の伝統の源泉というものは、それじゃなくて、もっと底の底に流れている、あの心理学の教室でよくいう原始的遺産ってやつこそ、われわれにとって伝統の本家だ。」と述べている。大人にとっての「伝統」は芸能であれ工芸であれ、それはそれで収まりが良く心地よいものであるのだろうが、子どもには、よくある俵屋宗達の絵を題材にされても「伝統」でもなくモチーフに過ぎない。数百年成長した大木の幹を描いた方がよほど良いに違いない。そう思います。
次は闘争心について。
「児童が単にヨイ子であるということは、あまり賞讃すべきではない。彼らは闘争的でもあるべきである。児童には児童の現実があり、それに打ち克つためには、彼らとても、やはり闘争の手段が必要である。」(みづえ1950年より)
子どもが絵を描くという行為と『闘争』は、 時代を差っ引いても些か離れているように感じられるでしょう。しかし北川は”教育”の観点から述べている。「我々が児童に絵を描かせているのも、普通に考えているように、子どもがやさしい子になって、統率しやすいような日本人を作るためじゃあないでしょう。・・もっと本当の意味の生活の闘争。それを勇ましくやってのける人間を作らなくては。・・そういうのが本当の教育じゃあないでしょうか。」(北川・久保対談1967年)。過激とも見えるが、絵を描くと言うプリミティブな行為だからこそ言い切れるのだと思います。対象を観る、色や空気も読み取る、周りの調和も感じて表現する。こうしたものへの対峙をもって難しくとも克服する。そうした大切さを論じている大事な要素と感じます。
これは何もストイックに描けと言っているわけでもなく、何事も自由に描けということを全肯定しているわけでもないでしょう。
最後は精神の移転
「ぼくの最初のテーゼは、美術でも、そのほかのなにをするにしても、すべての自我、個性に影響するような仕方、絵をかかしても、絵だけが上手くなるんじゃあなくて、絵で獲得したところの精神が、他の仕事にも影響するようなこと、それをぼくは全我的教育といっていますが、そういうことを目指してやっている。」(同)
これこそが、自分で「こども造形」をやろう、やるべき、と思っていたことに通じます。
原始的な行為ほど誤摩化しが効かず、自ら受け止めなければならない。今の大人は往々にして言葉で誤摩化す。でも子どもは真摯に向き合える。そうした精神を持って大人になってほしい、そう願って取り組んでいきたいと思います。

最後に、
紹介した後半の対談に登場する久保貞次郎は、北川民次たち美術家を支援するとともに美術教育活動にも精力的に活動された人物です。自分の栃木県真岡市の実家から200m西に久保邸があります。そして1970年まで過ごした真岡小学校には氏が1938年(昭和13年)に寄贈された久保講堂がありました。1981年、老朽化に伴い移転され、現在国の登録有形文化財に指定されています。自身大好きなフランクロイドライトの弟子、遠藤新の設計です。

こういう取り組みを始めなければ、そこにあっても出会えない、実に縁を感じます。

久保講堂

ホーム > タグ > 北川民次

Search
Feeds

ページトップへ