コペンハーゲン

北欧見聞 – 街のデザイン、空間のデザイン (その一)

数年ぶりの海外。そこで触れる関心の一つが街の雰囲気であり、造り方です。今回のデンマーク、スウェーデン、ノルウェーは初めてですから時間の許す限り裏通りも出来るだけ歩いてきました。
まず「街のデザイン」。
コペンハーゲンでは古いレンガ造りとモダンな建築が無理なく隣り合わせている。言わば意図的にそうしてるのだろうがわざとらしはない。イタリアのミラノや ローマなども中世と現代が混在しているが、調和というよりも断層的共鳴という思いが強い。しかし、ここは整然とし、見事に融合させている。批判されること を意識しているのではないか、とまで思わせる街の構成である。家具、陶器などのデザインが生まれたのはこうした町並みがあったということとは決して無関係 ではない、と感じた。

一方、町並みを構成する道路も見るものがある。有名な自転車専用レーンがその代表格。ほとんどの幹線道は整備されている。70年代からの取り組みだそうだ が、ここまで出来ているのは、当初より目的にブレることなく追求し続けることの凄さであろう。道路が平坦であることは何より利点であろうが、自動車購入税 (関税)がおそろしく高い(あえてそう設定している)、そして自転車にシフトさせるから必然道路も仕組みを変える。芯が太い目的意識がなければ、こういう 長い取り組みには成り得ないのだろう。
自転車は車両である。よって道路で分離する。当然車の路上パーキングなどは別の構造にする。信号の構造も変える。子どもや荷物を載せるのにカーゴ自転車も発達する。工夫するからいろいろとアイデアも産まれる。まさに地に足がついた思考と行動だと感じた。
縦割り行政だから、経済効果がネックだからなどとの言い訳しか唱えられない日本はどうであろう。根本的な思いへの弱さ、未来へのイマジネーションの希薄さだけでは済まされない時期が早晩来るのだろう。

街の色」も大切な要素。「色」は土地の気候、地方、都市部などによって左右されるものだから個別の考え方があろうが、下地としての色を考えることは共通し て大切ではないだろうか。森があれば四季を通した色をベースに建物を考える。青い海と空があればそれが前提となる。豪雪地帯では白い器よりも織部や色絵な どの器が好まれて用いられると聞いたことがある。引き出し合う色の構成が生きて来る。だが問題は都市部である。そもそも前提がはっきりしない。東京であれ ば戦後のバラックから家がセッセと建てられ昭和を経て今に至る訳だから色を取り仕切る根っこのようなものが存在しないと言ってもよいのだろう。となれば人 為的に作ることが重要となる。今のどこの都市部でも広告や看板の色が出過ぎて「街の色」を感じる目など養われないのかも知れない。アートでカラフルにする ような活動も良いが、そもそもの下地があってこそではなかろうか。そんなことをコペンハーゲンのニューハウン(Nyhavn)の町並みを見ていて思った。

「空間のデザイン」の前におまけ2つ。これもある結果としての空間デザインなのだろうが、カッコいいスウエェーデン製のリフト。見かけたのはヘルシンキ。Dinoというから恐竜のように伸び上がるのであろう。構造がシンプル。置いてあっても邪魔に見えないなど何か気になりました。

次にコペンハーゲン中央駅隣りにあるニイカールスベルグ美術館(Ny Carlsberg Glyptotek)ビール会社カールスバーグ所有だが彫刻コレクションが見事。が、その中にあるホールを見て驚き。これだけのセブンチェアを一同に見るのは初めて。さすがはデンマーク。壮観でした。

ホーム > タグ > コペンハーゲン

Search
Feeds

ページトップへ