溶かし絵ー幼児クラス

溶かし絵ー幼児クラス

各自の継続工作の合間に簡単に出来る「溶かし絵」を実施。
蜜蝋クレヨンと普通のクレヨンを用いて、ホットプレートを80℃〜100℃(保温程度)にして描く。はがきサイズ画用紙とトランスパレント(ワックスペーパー)を使用。

新聞紙を4枚ほど下に敷くがインキの臭いがするので一番下に画用紙を敷く。普通のクレヨンでもある程度は滲むが、滑り具合と透明感では蜜蝋。

作品全体です。せっかくホットプレートを用意したので、後の小学生クラスでも1、2枚試す。幼児のようなダイナミックさは見られず単なるクレヨン画に近かった。「溶ける」感覚に新鮮さがないからか?

トランスパレントは厚紙の額に付けてステンドグラスのように飾りました。

画用紙作品の一部を使って「ぶんぶんゴマ」を制作。コツを掴んでよく回りました。

Home >

Search
Feeds

ページトップへ